2018年11月15日

「乙武、再始動」乙武洋匡氏がインスタに自身の義足姿を初公開

「乙武、再始動」乙武洋匡氏がインスタに自身の義足姿を初公開 「乙武、再始動」とコメントし、画像を掲載した乙武氏 2018年11月14日 7時23分
instagramより@ototake_official
http://news.livedoor.com/topics/detail/15591102/
  


Posted by よんしー548 at 07:38 Comments(0)

2018年11月14日

地代の20倍以下の場合土地の価額が、

地代の20倍以下の場合土地の価額が、明らかでないときは、借地権の設定の対価として支払いを受ける金額が、支払いを受ける地代の年額の20倍に満たない金額である場合には、譲渡所得でないと推定されて、不動産所得として課税されることになっています。不動産の等価交換方式を活用するために等価交換や買換えには、いくつかの方法があります。一般には、土地と土地を交換するケースや、借地人の借地権と地主の底地を交換するケースがあり、これは、「平面交換」の1種です。https://kwbkoolskamp.be/%e4%bb%a3%e5%84%9f%e5%88%86%e5%89%b2/%e7%ad%89%e4%be%a1%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%82%84%e8%b2%b7%e6%8f%9b%e3%81%88/
  


Posted by よんしー548 at 14:03 Comments(0)

2018年11月13日

明朗会計の最たる点は、付帯工事と別途

明朗会計の最たる点は、付帯工事と別途工事を明らかに区別してあることだ。次のよう に書いてあれば初めての客でも、概略はつかめる。 家模型と線引き. 付帯工事( キャンペーン仕様価格に含まれる費用) ・屋内電灯配線、テレビ用室内配線、電話用 配線・屋内 ...https://investor-risk.site
  


Posted by よんしー548 at 18:20 Comments(0)

2018年11月13日

不動産鑑定士と鑑定士補

不動産鑑定士の資格は鑑定士と鑑定士補に分かれていたが、平成16年の法改正により鑑定士補の資格は廃止され鑑定士に一本化された。 鑑定士補の鑑定士資格試験は平成20年で終わるが、鑑定士と鑑定士補は、業務範囲としてはなんら制度的に扱いに差がなく、その差は事務所ごとに「専任の不動産鑑定士」を置かなければならないことから、鑑定士

不動産鑑定士と鑑定士補
  


Posted by よんしー548 at 09:37 Comments(0)

2018年11月12日

白木のお手入れ方法

白木は木材で塗料を塗っていない部分です。白木の柱や鴨居、敷居、建具、家具などのお手入れは、から拭きだけにして、シミの元になる水分が付着しないように注意しましょう。手あかなどで汚れがついた部分は、市販の白木用漂白剤を使って軽く拭き、後でお湯拭きをして漂白剤が残らないように拭き取ります。また、白木用ワックスを塗っておくと汚れが防げます。(ただし、塗りすぎはかえって汚れを引き起こしますので注意)白木部分にシールなどを貼ってしまった時には、窓を開けて風通しをよくした状況で、以下の方法ではがしましょう。 ①ドライヤー(温風)で、白木部分から10cm程度離してシールを温めます。

白木のお手入れ方法
  


Posted by よんしー548 at 13:24 Comments(0)

2018年11月10日

不動産投資の出口戦略

購入した不動産について、5年後、10年後、20年後、また金融機関からの借り入れを全額返済し終えた後、いったいどうするのか疑問を持たれる方も多いことでしょう。最終的に不動産をどうすればメリットがあるかを「出口戦略」と呼んでいます。いくつかのパターンを考えてみましょう。

不動産投資の出口戦略
  


Posted by よんしー548 at 15:23 Comments(0)

2018年11月09日

ここで、評価減の方法について説

ここで、評価減の方法について説明が必要になる。まず基礎的なところでは、同じマンションでも、自分で住む場合と、人に貸す場合とでは相続税の評価方法が違う。まずは自宅としての評価は、単純に評価額÷購入価格になる。これの平均値は63%の評価減となる。これは首都圏のマンション全体の平均である。しかし、単純な平均は騙されることがあるので、各物件の評価減の分布を見ることも大切だ。平均63%でも高いものは80%を超えるし、低いものは30%未満の物件もあり、その差は50%を超える。「自宅をマンションに住み替えれば、6割減」という話には簡単にいかない。https://mentakura.com/inheritance/indeed/
  


Posted by よんしー548 at 18:18 Comments(0)